ヤックス自然学校

ヤックスとは

ヤックス自然学校とは

概要

株式会社千葉薬品グループは、多くの子どもが、自然とのふれあいの中で、明るく健康に育ってほしいと願い、1976年から長きに渡り、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)の一環として、都会では味わえない四季折々の広大な自然の中で自然体験活動を提供してきました。
普段、学校や家庭では体験できない自然体験と異年齢集団での生活を大切に継続的に取り組んでいます。年間延べ約5,000人の参加があります。

理念

現在、私たちの住む社会は様々な環境問題を抱えています。文明や科学が発達し、暮らしが豊かになった分、失ってしまったものも多いように思います。社会や環境、学校が変化しつつある今日、忘れかけていた人間の感性をもう一度取り戻すためにも、ヤックス自然学校は「Learning by Doing!(自ら体験し、そして学ぼう!)」を合言葉に、普段、学校や家庭では味わうことのできない自然体験活動を実践していきます。
大人は、未来を担う子どもたちへ、より良い自然体験のチャンス(機会)を与えることが責任です。子どもたちには自分を大切にし、個性豊かな人間に成長して欲しいです。また「自分の身は自分で守る」という力を持った人間になって欲しいと強く願っています。

総合ディレクター 小松 敬(キャンプネーム ボクサー)

テーマは「ふれあい」

ヤックス自然学校のテーマは、「ふれあい」。
私たちは自然体験活動プログラムを通して、特に下記に示す3つのふれあいを大切にしています。

  • ① 人と人とのふれあい 

    ② 人と自然とのふれあい

    ③ 人と文化とのふれあい

    「人と人とのふれあい」… 異年齢集団での活動は、豊かな協調性社会性を養います。

    「人と自然とのふれあい」… 自然の美しさ、厳しさを知り、自然に対する畏敬の念を育みます。これが自然を大切にする気持ちに繋がります。

    「人と文化とのふれあい」… そこに住む人がいれば、文化が生まれます。先人の知恵や技術を学び、自分たちの行動を見つめなおします。

    このような様々なふれあいは、普段の生活では体験できない貴重なものばかり。お子様の大きな成長の糧となることでしょう。

    指導方針

    自ら体験し、学ぼう! / Learning by Doing!

    学びの仕組みは、体験学習法(アクティブラーニング)。直接体験を通して、自分で課題をみつけ、感じ、考え、主体的に行動できるような学びを大切にしています。

    組織

    株式会社千葉薬品グループの強力なバックアップ

    都会で生活をするこどもにとって、大自然に接し、自然の中でのびのびと遊んだり、スポーツをする機会が本当に少なくなりました。私達が夢を託すこども達に、自然の美しさや素晴らしさを知ってもらいたい。心も体も健康に育って欲しい。こんなことを願いながら、株式会社千葉薬品グループは、ヤックス自然学校をバックアップしています。

    運営・指導スタッフ

    専属スタッフがキャンプディレクターとして運営・指導を行います。キャンプディレクターは、自然体験活動に関する各種資格を取得し、リスクマネジメントトレーニングを積み、参加者の安全への配慮を徹底しております。
    参加者には、当校所属のキャンプリーダーが付き添い、運営・指導を行ないます。将来の小中学校の教職員を目指す千葉大学教育学部を中心とした大学生、約50人がキャンプリーダーに登録しています。子ども・自然が好きで、そして個々に熱意を持って活動に参加しています。
    子どもに自然体験活動を指導する上で最も大切なことは、指導者自身が自ら体験し、学ぶことです。ヤックス自然学校のキャンプリーダーは、年間を通じてリーダートレーニングを受講し、キャンプ指導、レクリエーション指導、スキー指導、児童心理学、安全管理(救急処置法)等、指導者(リーダー)としての資質を高めています。また、各プログラムで実施するアクティビティーをトレーニングや研修会で事前に体験、習得してから、実際のプログラムへ繋いでいくようにしています。
    規定の講習会に参加したリーダーは、全国体験活動指導者認定委員会が定める自然体験活動指導者(NEALリーダー)として登録しています。

    • ヤックス自然学校の沿革

      1976年 千葉市花見川団地にスーパーヤックス花見川店のOPEN企画として第1回スキーキャンプを猪苗代湖にて開催。
      第1回サマーキャンプを丹沢にて開催。

      1980年 ファミリーオートキャンプを笠森で開催。親子で楽しめる自然体験プログラムを始める。

      1992年 週末のDaycampをはじめて開催。

      1993年 日本アウトドアネットワーク(JON)に加盟。大手企業のファミリープログラムを受託。

      1996年 各種専門学校のキャンプ実習を受託。ヤックス少年団20周年式典開催。

      1999年 「ヤックス少年団」から「ヤックス自然学校」へ改名。自然学校会員制を導入。機関紙を毎月発行。

      2000年 自然体験活動推進協議会(CONE)会員となる。文部科学省委嘱事業「子ども長期自然体験村」を千葉県長生郡長南町で開催。20泊21日の指導運営に携わる。以降、2002年まで継続して実施する。

      2001年 専門学校の非常勤講師を受託。親子を対象としたお米作り体験など地域の活性化にも力をそそぐ。

      2002年 小中学校の週五日制に合わせて、週末活動を年間通じてより充実させる。

      2003年 子どもゆめ基金の助成を受け、千葉県長生郡長南町で「大冒険キャンプ」17泊18日を開催。

      2007年 ヤックス自然学校30周年記念式典開催。

      2008年 NPO法人 千葉自然学校に企画運営・指導協力。

      2009年 日本振興財団CANPAN 第4回ブログ大賞 教育部門賞 受賞。

      2010年 ~子ども・ファミリー・シニア・企業等、幅広い層を対象により良い自然体験活動を継続して提供しています。

    実績

    1976年千葉県千葉市花見川団地に㈱千葉薬品がヤックス花見川店をOPENする際、地域密着のソフトサービスの一環として、ヤックス少年団が子どもスキーキャンプを実施したのがはじまりです。当時のキャンプリーダーは、千葉大学教育学部 多湖輝教授(千葉大学名誉教授)の研究室の学生が指導にあたりました。それから毎年、様々な形でキャンプ活動を持続してきました。参加者も幼児からファミリー、社会人と幅広く、自然体験活動を推進してまいりました。

    主催事業の他にも行政・企業からの受託事業も行ってきました。

    • 文部科学省「子ども長期自然体験村」委託
    • 一般企業のプログラム企画・運営
      株式会社オリエンタルランド、コスモ石油株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、ケーヨー労働組合、イオン株式会社、各社組合etc…
    • 公立中学校自然教室 指導員派遣
      二松学舎大学附属高等学校、日本大学第二高等学校etc…
    • 専門学校の講師・プログラム企画・運営
      淑徳幼児専門学校、鎌倉女子大学、国際トラベル専門学校、品川介護福祉専門学校etc…