ヤックス自然学校

キャンプ

子ども(幼児・小学生・中学生・高校生)対象 キャンプ

(幼児・小学生)もりの基地作り【1泊2日】終了しました

開催日

5月28日 (土) 〜 5月29日 (日)

開催地

千葉県長生郡長南町笠森キャンプ場(長南町野営場)」

参加費(税込)

小学生(会員) 11,000
小学生(一般) 14,000
幼 児(会員) 12,000
幼 児(一般) 15,000

※千葉駅~現地までの往復交通費・食費(1日目夕食~2日目昼食まで)・宿泊費・プログラム費含む
※現地、茂原駅集合解散の方は交通費(電車代)580 円値引き

対象

幼児(年中・年長)
小学1~6年生

定員

小学生 24名・幼児12名(最少催行人員 18名)

交通

電車・貸切バス

集合/解散

集合:JR千葉駅 8:15 JR茂原駅 9:45 現地10:15
解散:JR千葉駅16:15 JR茂原駅15:00 現地14:15

※小学生には7名、幼児には5名前後の子どもにひとりの
 キャンプリーダーが付き添います。
※班構成は、ヤックス自然学校に一任ください。
※添乗員は同行しませんが、キャンプ指導者が同行します。

募集チラシ

PDF

わくわくは、行動への原動力になる!~自然で遊ぶ、仲間と遊ぶ~

 森の中にみんなで「過ごす基地」を作っちゃおう!わくわく・ドキドキ。どこに作ろうかな?のこぎりを使って、ギコギコ。竹笹は、屋根になるかな~。アイディアを出し合って、お友達と形にしよう!遊ぼう!
 幼児は、森の中でお友達と遊ぶこと、道具(のこぎり等)を使ってみることにチャレンジだぁ。小学生は、学年が上がるごとに、ロープを使ったりより理想のカタチになるようなチャレンジが君を待っている!
 自然素材で遊ぶことは、SDGsの取り組みのひとつ、サステイナブルな行動へと繋がります。


「もり散策&作戦タイム」どんなところかな?何を使おうかな?過ごし方も考えて、設計図を作ろう。
「もりの基地作り」森で集めた木や葉っぱを使って、形にしていこう。そして、遊ぼう!
「夜の基地で過ごす」ランタンに明かりを灯して、わくわくドキドキの時間を過ごそう。
「キャンプファイヤー」そして、森で火の祭りが始まる。
「もりの基地で食べよう」自分のおにぎりを握って、自然の中で食べよう。
高学年チャレンジ!本格的に生活ができる基地を作ろう(寝る、過ごす等)※人数や気象条件によっては、不可の場合あり

【スケジュール】

  • (1日目)
    8:15 JR千葉駅 集合(電車移動)
    9:45 JR茂原駅 集合(貸切バス移動)
    10:15笠森キャンプ場 到着・集合
    アイスブレイクゲーム(お友達作り)
    昼食(持参の弁当)
    「もり散策&作戦タイム」
    「もりの基地作り①」
    夕食
    「夜の基地で過ごす&キャンプファイヤー」/テント泊
  • (2日目)
    朝の集い/朝食
    「もりの基地作り②」
    「もりの基地で食べよう(昼食)」
    14:15 笠森キャンプ場出発/解散(貸切バス移動)
    15:00 JR茂原駅 解散(電車移動)
    16:15 JR千葉駅 解散
子ども週末キャンプシリーズ のススメ!
2022年度は、四季折々の自然をダイレクトに感じることができるキャンプスタイル(テント泊)の週末キャンプを全4回予定しています。
①4月 田植え&とことん野あそび
②5月 森の基地作り
③6月 わくわくクッキング
④10月 ぽかぽか遊火(あそび)キャンプ

大自然の中だからこそ、
子どもの感性を豊かにする機会に恵まれています!

 キャンプ場での宿泊を伴う活動です。朝日のまぶしさ、森の鳥たち、虫たちの鳴き声、夜になればまたたく星空。朝昼夜、春夏秋、自然のありのままの表情をダイレクトに感じることができます。
 また、便利な道具や都会の音、明かりが届かないシンプルな生活環境だからこそ、子どもの心とからだをフルに動かし、遊び、生活することができます。各テーマに沿って、自然の中で出会った仲間と一緒になって思いっきり遊ぼう!